1. >
  2. >
  3. 現代の問題も視野に入れられた千葉市の保育支援
赤ちゃん

現代の問題も視野に入れられた千葉市の保育支援

千葉市の保育支援事業、こどもプランとは何か

千葉市でも自治体による子育て支援が積極的に行われていますが、特に注目すべきプランに、千葉市こどもプランがあります。
このこどもプランは平成27年から平成31年まで、5年間の計画で行われているもので、妊娠している方、また乳幼児、青少年を持つご家庭が対象となるものです。

子供を産み育てたいと思う千葉市でありたいという基本理念に沿ってできたもので、様々な取り組みが行われています。
保護者が安心して育児を行うことができる、子供が参画する街づくり、子供、若者が健康に成長する事などを目的としています。

子供や若者に対する支援としては、健全な育成、安全の確保、若者の居場所を作るという事、」また支援が必要な子供、若者、家庭への支援としては、ひとり親家庭自立支援、児童虐待防止対策、社会的養護体制を整える、障害のあるお子さんの支援を充実させるなどです。

例えばこんな支援がある

保護者が働いていることで昼間帰宅しても家にいないという小学生などについては放課後児童クラブ、こどもルームがあり、余裕教室などを利用し適切な遊び、生活の場としています。
また保育に関しては認定こども園、保育所、また地域型保育事業所で保育認定を受けている子供たちに通常利用時間以外の保育が利用可能です。

保育士として働いていると、子供の用事があってもどうしても行くことができない時もあります。
そんな時、一時預かりなどが利用できることもこどもプランのメリットです。
認定こども園、幼稚園などで一時的に預かり保育をしてくれるので、急な用事の時など利用でき助かります。
このほかに病児・病後児保育事業等もあり、きめ細やかなサポート、支援が受けられることもあり、千葉市のこうした事業は子育て家族にとって非常に大切な事業となっているのです。

千葉市先取りプロジェクト認定保育施設とは何か?

千葉市のこうした取り組みの中には、千葉市先取り認定保育施設というものがあります。
これはしない認可外保育施設の中で、認可保育所と同じ基準を満たしている事で、詩から認定を受けた施設のことです。
この施設は助成金などを受ける対象となり助成対象となっている場合、保育料が軽減されます。

条件は千葉市に住所があり就学前の児童であること、昼間に就労、また病気や病院、介護が必要な方などがおり保護者が保育する事が出来ない児童であること、月に64時間以上利用する児童、この場合、月の途中で入退所する児童は在籍日数が64時間以上に相当とされると補助対象です。
これに加えて幼稚園やそのほかの施設に入所していないことも条件となっています。

保育料などは各施設によって異なりますが、こうした助成を受ける事が出来れば、保育料も安くまた介護者がいるご家庭、障害を持った方がいるご家庭など生活も非常に楽になるはずです。
千葉市はこうした痒いところに手が届く支援をしてくれると子育て世代の中でも注目されています。

千葉市のこどもプランなどに対する親の気持ち

親は常に子供のことを第一に考えていますし、より良い状態を作ってあげたいと考えています。
これは保育士でもほかの仕事で働いている人も同じです。
家庭環境はその家庭ごとに違いがあり、核家族化が進むご家庭が多い中、皆さん仕事をしながら育児をすることに必死に対応している状態だと思います。

千葉市のこうした子育て支援に関するプランは、仕事を持って働く親、介護などが必要な方がいるご家庭など、ご家庭に時間をかけたくてもかけられない、どうしようもない状態にある人を救う手段となっているのです。
千葉市で働く多くの子育て世代労働者は、この千葉市の子育て支援プランに対しよい街に暮らしている事、痒いところに手が届く対応をしてくれていると感じています。

千葉市にはたくさんの保育園など保育施設があり、保育士にとって働きやすい環境も整っていると言えるエリアです。

求人を募集している施設を探すときはHPを使用すると便利でしょう。施設の方針、給与、福利厚生等は事前に確認し、自分の働き方に合った施設に応募してみてください。
求人HP:千葉市の保育士・幼稚園教諭の求人・転職なら【保育のお仕事】

千葉市の手厚い子育てに対する支援を受ける事が出来れば、保育士として働きながら楽しく子育てできると思います。
子育て支援が充実している千葉市は各ご家庭も非常に注目しているのです。
保育士として仕事を探すにしても千葉市は様々な保育園があるので、自分に合ったところを見つけることができると思います。